浄水場&ダム
三原浄水場
三原浄水場の水源は、大日・牛内ダム及び成相・北富士ダムとし、取水量はそれぞれ1,500m3/日、4,000m3/日で、一日最大浄水量は5,200m3です。
ダムから取水した原水を沈でん池、ろ過池などの施設を通じて飲み水につくりかえます。
また、本浄水場には、管理室、中央監視室を設けており、企業団の中枢施設となります。さらに、水質検査センターも設置することとしており、将来は島内の全市町の水質検査を行う予定です。
南淡浄水場
南淡浄水場の水源は、本庄川ダムとして、取水量は2,000m3/日で、一日最大浄水量は、1,900m3です。
ダムから取水した原水を沈でん池、ろ過池などの施設を通じて飲み水につくりかえます。
着水井 ダムから取り入れた水に薬品(塩素・パック)をまぜあわせる
フロック形成池 パックによって、水の中のまざりものをかたまりにする
沈殿池 小さなつぶ状になったゴミや砂を沈める
ろ過池 水に含まれている汚れを落とすため、砂の層を使ってろ過(水をこす)する
塩素注入設備 塩素を入れて消毒する
浄水池 きれいになった水を貯めておく
成相・北富士ダム
三原川総合開発事業の一環として、成相・北富士ダムを2ダム1事業として建設されたものであり、洪水調節・不特定用水及び水道用水の供給を目的とする多目的ダムです

型式 重力式コンクリートダム 重力式コンクリートダム
堤高 61.0m 52.5m
堤頂長 223.5m 162.5m
堤体積 182千m3 100千m3
建設工期 S.62年度~H.11年度
企業団負担率 19.90%


<成相ダム>

<北富士ダム>
大日・牛内ダム
このダムは、2ダム1事業で、三原川総合開発事業の一環として建設された多目的ダムです。牛内ダムは、洪水調節・不特定用水・水道用水の供給を目的とし、大日ダムは洪水調節・不特定用水を目的として建設されたダムです。

ダム名 大日 牛内
流域面積 6.6km2 4.4km2
有効貯水量 1,050千m3 2,100千m3
型式 重力式コンクリートダム 重力式コンクリートダム
堤高 36.0m 59.0m
堤頂長 247.0m 216.0m
堤体積 86千m3 151千m3
建設工期 S.58年度~H.10年度
企業団負担率 5.6%


<大日ダム>

<牛内ダム>
本庄川ダム
このダムは、2ダム1事業で、三原川総合開発事業の一環として建設された多目的ダムです。牛内ダムは、洪水調節・不特定用水・水道用水の供給を目的とし、大日ダムは洪水調節・不特定用水を目的として建設されたダムです。

ダム名 本庄川ダム
流域面積 3.4km2
有効貯水量 1,610千m3
型式 重力式コンクリートダム
堤高 47.6m
堤頂長 184.0m
堤体積 105千m3
建設工期 S.62年度~H.12年度
企業団負担率 19.8%


Copyright(C)2005 淡路広域水道企業団 All Rights Reserved.