水道管の凍結防止対策について
寒さは水道管の大敵です。はやめに防寒の準備を!
寒さが厳しくなると給水管の水が凍って出なくなったり、給水管が破裂する事故が起きることがあります。水道管の水の凍結を防ぐには保温が一番です。
     
○ 特に凍りやすい水道管
・屋外に露出している給水管。 (漏水減免制度の対象外ですので、ご注意ください)
・風当たりが強く、日かげにある給水管。
・給水管が北側にあるところ。
 
〇 長期間留守にする場合も要注意
・旅行などで長期にわたって不在の場合や空き家・空き部屋をお持ちの場合、蛇口の立ち上がりやボイラーなどが凍結し破裂する恐れがあります。また、長期不在の場合は、「水道閉栓届」を提出しておくことも検討してください。
     
〇 給水管の凍結を防ぐには
・給水管に保温チューブ、布、などをまいてその上からビニールなどで防水して下さい。
※保温チューブはホームセンターなどで売っています。
・地下式のメーターボックスは、発泡スチロールを砕いたものや布や新聞紙をすきまに入れることで、内部の保温ができます。地上式のメーターボックスは段ボールで覆うのも簡単で効果的です。
・水は流れていると凍結しにくいものです。お風呂などで割りばしの太さ程度の水をチョロチョロ出しましょう。もし、凍結で断水しても、この水がトイレなどに利用できます。
 
〇 給水管が凍って水がでないときは
・タオルをかぶせて、その上からゆっくりとぬるま湯を気長にかけてとかします。
急にあつい湯をかけると給水管が破裂しますので注意しましょう。
 
〇 給水管が破裂したとき
・凍結破損などの修繕は、指定給水装置工事事業者に依頼してください。指定給水装置工事事業者の一覧表はこちらをご覧ください。また、アパートや借家などは、管理会社や大家に連絡してください。
Copyright(C)2005 淡路広域水道企業団 All Rights Reserved.